2022.04.28 『たくさんのきもち』って、こんな絵本!

『たくさんのきもち』って、こんな絵本!
こんにちは!第1回目となる今回は、新作『たくさんのきもち』の中身をたっぷりご紹介します。この絵本は、今注目を集める非認知能力の獲得に向けて、お子さまを主に感情発達の面からサポートします。
『たくさんのきもち』って、こんな絵本!~非認知能力を高める絵本の中身をたっぷりご紹介~

「自分の気持ちを上手に表現できる力」を育むこの絵本ですが、もちろん絵本そのものとしても、とってもかわいくてステキな内容に仕上がっていますので、ぜひ内容をご覧ください!


目次
●お子さまの名入れは“当たり前”
●日常に起こるちょっとだけ“不思議”な冒険
●「きもち」に「ことば」を紐づける
●キャラクターの名づけ親はフォロワーの皆さん!
●表紙はなんと12種類!
●まとめ

お子さまの名入れは“当たり前”

まずは「パーソナルちいくえほん」シリーズで共通の「お子さま自身が絵本の主人公になる」しかけのご紹介。絵本を通して、ところどころにお子さまの名前がでてきます。中にはビックリするしかけも!?自分の名前入りの絵本だから、きっとより興味をもって絵本を読んでくれます☆





日常に起こるちょっとだけ“不思議”な冒険

この絵本は前半の「絵本編」と後半の「図鑑編」の2部構成となっており、実は前半の「絵本編」では、ほとんど文字がありません!「絵本なのに文字がないの!?」と思う方もいるかもしれませんが、その分イラストで"分かりやすく"また子どもから"いろんな気持ちがあふれてくるように"と考えて作られています。ぜひお子さまと一緒に見ながらキャラクターのセリフを考えたり、「どういう気持ちかな?」などの問いかけを、たくさんしてあげてください!








ちょっとだけ不思議な冒険の中で、お子さまがどんな「きもち」を感じるか…いろんな気持ちをたくさん感じてほしいという思いから、この絵本は『たくさんのきもち』というタイトルになりました。


「きもち」に「ことば」を紐づける

後半の「図鑑編」では、NTT研究所監修のもと選び抜いた幼児期の子どもがよく使う「気持ちを伝えるための50の言葉」を、カテゴリに分けて分かりやすく紹介しています。「絵本編」でどんな気持ちを感じるかはお子さま次第ですが、ここではお話の内容に沿ったイラストと言葉をセットにして紹介していますので、見比べながら楽しく気持ちの言葉(感情語)を学ぶことができます。







なじみのある言葉から、しっかり自分の気持ちと紐づけていくことが、子どもの感情発達の第一歩です。


キャラクターの名づけ親はフォロワーの皆さん!

絵本に登場するかわいいキャラクターたちの名前は、SNSフォロワーの皆さんに考えてもらいました。事前に応募いただいた中から、作家のかしわらあきおさんが選んだキャラクターの名前にも、ぜひ注目してください!





表紙はなんと12種類!

ご注文いただくお子さまの誕生月に合わせて、なんと表紙が12種類に変化します!それぞれ季節を感じるかわいらしいデザインになっており、より親しみをもってお子さまに絵本を手に取っていただけます。




まとめ

たくさんのきもち』は、絵本を通してお子さまにいろんな気持ちを感じてもらい、その気持ちを言葉に紐づけてもらうための絵本です。自分の気持ちを相手に伝えることは、自分の意見をはっきり言う子どもに育つための第一歩。世界に一つだけの楽しい“きもち”絵本で、素敵な絵本ライフをお過ごしください!



『たくさんのきもち』(さく・え/かしわらあきお) 税込2,750円(送料が別途220円かかります。)


ご購入はこちらから!


発売に関するニュースリリースはこちらをご確認ください。


最終更新日:2022/04/28